【授業概要】

本授業では、社会教育と学校教育などとの協働に焦点をあてて、現代社会の動向や政策及び教育協働の意味・意義について講義し、さらに教育協働の実践について事例分析を行う。

【授業の到達目標】

「教育協働」について、主に教育の視座に立って、その背景・意義・実践について総合的に学ぶ

・社会や学校、子どもを取り巻く現状を概観し、教育・学習の重要性について理解する

・地域と、学校及び支援の必要な人々をつなぐ教育協働の意味・意義について理解する

・「チーム学校」、「地域学校協働」、「教育支援人材」などに関わる政策や動向について理解する

・教育協働に関わる社会教育の実践について学び、学校教員ではない教育職員の仕事について理解を深める

・民主主義社会の主権者として、社会の動向についての関心を高める

 




【授業概要】

本授業では、社会教育と学校教育などとの協働に焦点をあてて、現代社会の動向や政策及び教育協働の意味・意義について講義し、さらに教育協働の実践について事例分析を行う。

【授業の到達目標】

「教育協働」について、主に教育の視座に立って、その背景・意義・実践について総合的に学ぶ

・社会や学校、子どもを取り巻く現状を概観し、教育・学習の重要性について理解する

・地域と、学校及び支援の必要な人々をつなぐ教育協働の意味・意義について理解する

・「チーム学校」、「地域学校協働」、「教育支援人材」などに関わる政策や動向について理解する

・教育協働に関わる社会教育の実践について学び、学校教員ではない教育職員の仕事について理解を深める

・民主主義社会の主権者として、社会の動向についての関心を高める

 




【授業概要】

本語では、学校教育とソーシャルワーク・福祉教育との協働に焦点をあてて講義を展開し総合的 に学ぶ。現代社会の動向や政策及び教育協働の意味・意義について講義し、さらに教育協働の実 践について実践者による事例報告を聴講し、ノーマライゼーション「自立」「共生」の意味を学修する。

【授業の到達目標】

「教育協働」について、主にソーシャルワークや福祉教育・ポランティア学習の視座に立っての その意義・目的・方法について総合的な学修をめざす。

・ 学校や子どもを取り巻く現状を概観し、「教育協働」の今日的意義や今後の方向性を学修する

・学校と地域をつなぐ教育協働としての福祉教育・ポランティア学習についてを学修する

・「チーム学校」「教育支援人材」「」コミュニティスクールと地域学校協働本部等についてを学修する

・教育協働について、学校教育からの視点だけでなく、地域福祉の推進・住民の主体形成の視点もを学修する

・ 学校と地域をつなぐ協働教育実践について、福祉教育・ポランティア学習実践事例等からも学修する




【授業概要】

本語では、学校教育とソーシャルワーク・福祉教育との協働に焦点をあてて講義を展開し総合的 に学ぶ。現代社会の動向や政策及び教育協働の意味・意義について講義し、さらに教育協働の実 践について実践者による事例報告を聴講し、ノーマライゼーション「自立」「共生」の意味を学修する。

【授業の到達目標】

「教育協働」について、主にソーシャルワークや福祉教育・ポランティア学習の視座に立っての その意義・目的・方法について総合的な学修をめざす。

・ 学校や子どもを取り巻く現状を概観し、「教育協働」の今日的意義や今後の方向性を学修する

・学校と地域をつなぐ教育協働としての福祉教育・ポランティア学習についてを学修する

・「チーム学校」「教育支援人材」「」コミュニティスクールと地域学校協働本部等についてを学修する

・教育協働について、学校教育からの視点だけでなく、地域福祉の推進・住民の主体形成の視点もを学修する

・ 学校と地域をつなぐ協働教育実践について、福祉教育・ポランティア学習実践事例等からも学修する




【授業概要】

本語では、学校教育とソーシャルワーク・福祉教育との協働に焦点をあてて講義を展開し総合的 に学ぶ。現代社会の動向や政策及び教育協働の意味・意義について講義し、さらに教育協働の実 践について実践者による事例報告を聴講し、ノーマライゼーション「自立」「共生」の意味を学修する。

【授業の到達目標】

「教育協働」について、主にソーシャルワークや福祉教育・ポランティア学習の視座に立っての その意義・目的・方法について総合的な学修をめざす。

・ 学校や子どもを取り巻く現状を概観し、「教育協働」の今日的意義や今後の方向性を学修する

・学校と地域をつなぐ教育協働としての福祉教育・ポランティア学習についてを学修する

・「チーム学校」「教育支援人材」「」コミュニティスクールと地域学校協働本部等についてを学修する

・教育協働について、学校教育からの視点だけでなく、地域福祉の推進・住民の主体形成の視点もを学修する

・ 学校と地域をつなぐ協働教育実践について、福祉教育・ポランティア学習実践事例等からも学修する




【授業概要】

本語では、学校教育とソーシャルワーク・福祉教育との協働に焦点をあてて講義を展開し総合的 に学ぶ。現代社会の動向や政策及び教育協働の意味・意義について講義し、さらに教育協働の実 践について実践者による事例報告を聴講し、ノーマライゼーション「自立」「共生」の意味を学修する。

【授業の到達目標】

「教育協働」について、主にソーシャルワークや福祉教育・ポランティア学習の視座に立っての その意義・目的・方法について総合的な学修をめざす。

・ 学校や子どもを取り巻く現状を概観し、「教育協働」の今日的意義や今後の方向性を学修する

・学校と地域をつなぐ教育協働としての福祉教育・ポランティア学習についてを学修する

・「チーム学校」「教育支援人材」「」コミュニティスクールと地域学校協働本部等についてを学修する

・教育協働について、学校教育からの視点だけでなく、地域福祉の推進・住民の主体形成の視点もを学修する

・ 学校と地域をつなぐ協働教育実践について、福祉教育・ポランティア学習実践事例等からも学修する