新型コロナウイルス感染症の流行が始まり、わずか数か月ほどの間にパンデミックと言われる世界的な流行となりました。

附属学校園としては幼児児童生徒の学びを確保するとともに、感染リスクの低減と感染症予防の徹底が求められています。

そのため附属学校統括機構としては、適切な感染症対策の実施及び学校園における教育活動の円滑な実施に向け、下記の

と研修を実施することとしました。


挨拶

          広谷 博史(附属学校統括機構長)

講義「学校における感染症への対応-授業開始に向けての留意点-」

          後藤 健介 (大阪教育大学准准教授)

        ※ 健康安全教育系(健康安全科学部門)